卓越した耐久性「ミルクリート」堅牢無比の塗り床仕上げ材
お問い合わせ・資料請求はこちら
  1. ホーム
  2. 工法を選ぶ
  3. 施設の種類から選ぶ
  4. 食品・飲料などの製造・加工・調理、医薬品製造関連施設

食品・飲料などの製造・加工・調理、医薬品製造関連施設

要求性能

耐熱性

加熱設備からの放熱、高温の油、熱水、高温蒸気洗浄など、様々な熱負荷に継続的に耐える「耐熱性」が必要です。

耐衝撃性

場内で扱うモノの重量や衝撃に耐えて損傷しない「耐衝撃性」が必要です。

耐摩耗性

搬送機器などが頻繁に走行しても減耗しない「耐摩耗性」が必要です。

耐薬品性

原料や洗浄用薬品類などの腐食作用に耐える「耐薬品性」が必要です。

耐汚染性

清潔な環境維持のため、汚れが付着しにくく、付着しても簡単な清掃で除去できる「耐汚染性」が必要です。

防滑性

安全な作業のため、使いやすく持続的な「防滑性」が必要な場合があります。

短工期

事業活動に影響を来さない様、事前の計画に基づいて確実に工事を推進できることが求められます。

低臭気環境対応抗菌・防かび高接着力

上記の要求性能を満たしつつ、ミルクリート®は標準性能として低臭気、環境対応、抗菌・防かび性能、高接着力を備えています。

  • 上記は一例です。必ずしも実際の優先度順ではありません。また、全てのお客様にあてはまるものではありません。

ミルクリート®が問題解決をサポートします。

推奨工法

  • 加熱設備を常時使用している
  • 熱水を頻繁に放流する/高温の液体が床に落ちる
  • 高温蒸気洗浄を頻繁に行う
  • 内容物入りの容器などを頻繁に移動させる
  • 水など床を滑りやすくするモノが床に付着する
  • 冷凍庫など、マイナス以下の環境がある
MM工法
耐冷熱工法のMM工法は、-50°C~120°Cの実用範囲。
優れた耐冷熱性に加え、耐衝撃性、耐摩耗性、安全な作業に欠かせない適度な防滑性も兼ね備えています。
多様な負荷を絶え間なく受ける、食品・飲料工場などの床に最適な工法です。
  • 頻度は低いが熱水放流や高温蒸気洗浄を行う
  • 内容物入りの容器などを頻繁に移動させる
  • 水など床を滑りやすくするモノが床に付着する
  • チルド室など、低温の環境がある
TM工法
準耐熱工法のTM工法は、0°C~100°Cの実用範囲。
MM工法レベルほどの耐熱性・耐衝撃性を必要としない場合に適用できます。
薄塗り仕様ながら、耐摩耗性、防滑性はMM工法と同等です。
  • さらに高い防滑性が必要
  • 耐薬品性、耐汚染性などを両立させたい
MM-R工法
TM-R工法
MM工法、TM工法の性能を保ちつつ、高防滑・耐薬品性・耐汚染性を付与。
  • 上記の推奨工法は一例です。必ずしも全てのお客様の環境にあてはまるものではありません。

本サイトはミルクリート®の概要を分かりやすくご紹介する内容となっております。
サイトに掲載のない詳細な解説や技術情報については、製品カタログをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。